商品機能の概要・メリットと画面構成

商品の概要

商品コードや単価など、商品情報を管理できます。
複数の商品をまとめてセット商品としての登録も可能です。

メリット

商品の進捗状況の確認や担当者の確認もスムーズに行えます。

[商品]画面の見かたについて説明します。

番号 項目 説明
(1) [商品の登録]ボタン [商品の登録]
新規で商品を登録します。
[商品セットの登録]
登録済の複数の商品を一つにまとめて、新たな商品として登録します。
[カテゴリの追加]
カテゴリを追加します。
[商品インポート]
商品情報をインポートします。
[商品内訳インポート]
商品内訳情報をインポートします。
(2) [ALL]ボタン すべての商品データを一括でダウンロードします。
(3) [表示切り替え]ボタン リストに表示するための項目の設定ができます。
(4) [ボードビュー]ボタン、または[リストビュー]ボタン 商品表示をボードビューに切り替えます。
もう一度ボタンをクリックすると、リストビューに切り替えます。
※画像はリストビュー表示です。
(5) [商品検索] 商品を検索できます。
(6) [詳細検索]ボタン 詳細検索をすることができます。
(7) [簡易編集]ボタン 一覧表示上で各項目の変更ができます。
(8) [件数表示]ボタン 一覧の表示件数を変更します。
(9) [商品一覧] 登録されている商品が表示されます。
(10) [全ての商品] すべての商品を表示します。
(11) [カテゴリ] [カテゴリ]の作成ができます。
カテゴリに分類している商品ごとに表示します。

商品を選択した場合の画面構成

番号 項目 説明
(1) [セットを作成]ボタン 登録済の複数の商品を一つにまとめて、新たな商品として登録します。
(2) [カテゴリの移動]ボタン カテゴリを移動します。
(3) [削除]ボタン 商品を削除します。
(4) [エクスポート]ボタン 商品データをダウンロードします。

[商品]画面の見かたについて説明します。

番号 項目 説明
(1) [メニュー] ●全ての商品
●カテゴリを検索
●カテゴリ
(2) [ソート] ●昇順
●降順
●並べ替え(商品名、単位、カテゴリ)
(3) [商品] 登録されている商品が表示されます。
(4) [全ての商品] すべての商品を表示します。
(5) [カテゴリを検索] カテゴリの検索をします。
(6) [カテゴリ] カテゴリに分類している商品ごとに表示します。
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ