商品内訳のインポート

商品内訳はCSVファイル形式でインポートすることができます。
商品内訳のインポートは、管理権限のないユーザーでも操作することができます。

補足

インポート対象のデータはCSV形式で作成頂く必要がございます。
改行はデータとして表現できないため、インポートにおいて改行の含むデータは登録することができません。
データに改行を入れる場合は、インポート後に画面上のデータ変更から更新を行います。

インポートデータ作成のためのテンプレート

商品内訳のインポート画面「インポートするデータを作成する場合はcsvテンプレートをダウンロードしてください」から、テンプレートのダウンロードができます。

商品内訳をインポートする

テンプレートのCSVファイルを使用して、商品をインポートする方法を説明します。

  1. 商品画面を開きます。

    登録済みの商品一覧が表示されます。

  2. [+商品の登録] ボタン内の[v] ボタンをクリックし、[商品内訳インポート]を選択します。

    商品内訳インポートの画面が表示されます。

  3. [ファイルをアップロードする]から、対象となるcsvファイルを指定します。
    下記より、商品内訳のインポート方法を選択します。

    ・新規登録のみ
    ・上書きのみ
    ・新規登録および上書き保存

    インポート方法を選択することで、重複したデータの処理方法を選択できるようになります。

  4. 下記より、重複したデータの処理方法を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。

    ・重複したデータも新規登録
    ・重複したデータは処理しない

    マッチングキー項目の設定画面が表示されます。

  5. マッチングキー項目を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
    商品内訳インポート時に、設定できるマッチングキー項目は以下となります。

    ・設定コード+商品コード

    インポート後のアクション画面が表示されます。

    補足

    インポートを実施する際、CSVファイルのデータと既存データを比較し、そのデータが新規・既存のいずれかを判別する必要があります。
    この比較を行うための項目が「マッチングキー」となります。

  6. [インポートを実行] ボタンをクリックします。
    インポート完了後の通知については、任意で設定します。

    インポートの実行が表示されます。

  7. [実行] ボタンをクリックします。

    インポート設定の完了画面が表示されます。

    商品内訳のインポート結果については、ログインに使用しているメールアドレス宛に通知されます。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ