カレンダーの概要・メリットと画面構成

カレンダーの概要

カレンダーに各種情報を紐づけて管理する

商談を推進するために必要な情報(顧客情報、面談予定の名刺情報、活動履歴、スケジュールの参加者)をカレンダーに紐づけて登録できます。

ワンクリックで情報を参照する

登録した情報は、カレンダーからワンクリックで参照できます。

スケジュールから活動登録する

該当のスケジュールから活動報告を登録できます。

メリット

  • 訪問計画を立てるための機能です。
  • カレンダーから案件推進に必要な情報を確認し、商談前の準備ができます。
  • 商談後はカレンダーから活動報告ができます。
番号 項目 説明
(1) [+スケジュールの作成] スケジュール登録画面が開きます。
(2) [今日]ボタン 今日のスケジュールを含む形で表示します。
「週表示」の場合は今日を含む週表示、「月表示」の場合は今日を含む月表示、「リスト表示」の場合は今日を先頭にリスト表示となります。
(3) [<][>]ボタン 前後の月、週、日が表示されます。
(4) [スケジュール表示切り替え]ボタン スケジュールの表示形式を月単位、週単位、日単位、リスト形式(週単位)に切り替えます。
折り畳み表示、六曜の表示、祝日の表示の変更もここからできます。
  • 折り畳み表示
    チェックすると、カレンダー表示件数を4件とし、それ以上のスケジュールは「他〇件」となります。「他〇件」をクリックすることで、他スケジュールの確認もできます。
  • 六曜の表示
    チェックすると、「大安」「先勝」など六曜表示ができます。
  • 祝日の表示
    チェックすると、祝日を表示できます。
(5) [スケジュールを検索] スケジュールを検索します。
(6) カレンダー カレンダーが表示されます。
(7) [施設]タブ 施設の予約状況がわかるカレンダーに表示が変わります。
(8) [予定]タブ スケジュールの予定がわかるカレンダーに表示が変わります。
(9) [種類]ボタン 「外出」や「来客」など、スケジュールに表示させる種別の追加、表示、非表示の変更できます。

外出
来客
電話
出張
会議
内勤
休暇

スケジュール種別の追加には管理権限が必要になります。

(10) [社員]ボタン カレンダーに表示させる社員、グループの追加、表示、非表示の変更ができます。
(11) [参加ステータス]ボタン カレンダーに表示させるスケジュールの「出席」、「欠席」、「未確認」、「共有」から表示、非表示の変更ができます。
(12) [日付]のセル 該当の日付に登録されているスケジュールが表示されます。
番号 項目 説明
(1) [メニュー]ボタン メニューを開きます。
(2) [月変更]ボタン カレンダーを表示します。画面を左右へスライド(スワイプ)すると、表示する月が変更できます。
(3) [今日]ボタン 今日のスケジュールを含む形で表示します。
(4) [スケジュール表示] 該当の日付に登録されているスケジュールが表示されます。
(5) [登録]ボタン 以下、4種の登録が可能です。
●スケジュール登録
●タスク登録
●マイルストーン登録
●活動登録
(6) [表示切り替え]ボタン カレンダーを、[日表示] か [リスト表示] に変更できます。
(7) [設備]タブ 会議室・設備の予約状況がわかるカレンダーに表示が変わります。
(8) [予定]タブ スケジュールの予定がわかるカレンダーに表示が変わります。
(9) [種類] 「外出」や「来客」など、スケジュールに表示させる種別の追加、表示、非表示の変更できます。
●スケジュール
・外出
・来客
・電話
・出張
・会議
・内勤
・休暇

スケジュール種別の追加には管理権限が必要になります。
(10) [社員] カレンダーに表示させる社員、グループの追加、表示、非表示の変更ができます。
(11) [参加ステータス] カレンダーに表示させるスケジュールの「出席」、「欠席」、「未確認」、「共有」から表示、非表示の変更ができます。
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ