設備予約の概要・メリットと画面構成

設備予約の概要

スケジュールに紐づけて会議室・備品を予約する

カレンダーから会議室や設備の予約・状況の確認ができます。

メリット

社内の会議室・設備の予約状況をスケジュールに紐づけて管理できるため、確認が容易になります。

[会議室・設備]画面の見かたについて説明します。

番号 項目 説明
(1) [会議室・設備一覧] 会議室・設備の利用状況が表示されます。
(2) [設備]タブ 会議室・設備の予約状況がわかるカレンダーに表示が変わります。
(3) [会議室・設備を追加] カレンダーに表示させる会議室・設備の追加ができます。
(4) [会議室・設備]チェックボックス カレンダーに表示させる会議室・設備の表示、非表示の変更ができます。
(5) [会議室・設備を新規追加]ボタン 会議室・設備の新規登録画面へ遷移します。
(6) [スケジュール詳細] スケジュール、会議室・設備の詳細が表示されます。

[会議室・設備]画面の見かたについて説明します。

番号 項目 説明
(1) [ローカルメニュー] ローカルメニューを開きます。
(2) [月変更]ボタン カレンダーを表示します。画面を左右へスライド(スワイプ)すると、表示する月が変更できます。
(3) [今日]ボタン 今日のスケジュールを含む形で表示します。
(4) [会議室・設備一覧] 会議室・設備の利用状況が表示されます。
(5) [スケジュール登録]ボタン スケジュール登録時に設備・備品の設定ができます。
(6) [表示切り替え]ボタン カレンダーを、[日表示] か [リスト表示] に変更できます。
(7) [設備]タブ 会議室・設備の予約状況がわかるカレンダーに表示が変わります。
(8) [会議室・設備を追加] カレンダーに表示させる会議室・設備の追加ができます。
(9) [会議室・設備]チェックボックス カレンダーに表示させる会議室・設備の表示、
非表示の変更ができます。
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ